Twitterでパパとの関係をツイートしている同い年の女の子と、やりとりを始めることができてアドバイスを受けられました。
フェイスブックで大失敗をしてしまったために、安心してアポとの出会いの方法を引き出したいと思ったのですが、とても詳しくいろいろな情報を教えてくれました。
「パパ活専門掲示板ってないからね、皆んな無料の掲示板とか使おうと思っちゃったりするんだよね。
私も最初は掲示板使ったけど、セックスしたいっていうのばかりで嫌になっちゃったよ」
最初からうまく相手を見つけられなかったようです。
「誰にもバレないように、相手探さないていけないから調べまくってさぁ、最終的に出会い系サイトなら大丈夫なのが分かった」
「出会い系サイトだったんだ。
出会い系って危ない印象しかなかったよ」
「そうだね、私も調べたらほとんどが危ないサイトみたい。
だけど、ほんの一部に健全なサイトがあってね、それ使ったら迷惑メールも来ないし、個人情報も守られるし、それに男の人の質が高かったんだよね。
だから安心してパパ募集をすることができたんだ」
安心して使うことができる出会い系サイトがあり、そこでパパ活することで安全な出会いを探せると言う事を教えてもらいました。
「私が使ったPCMAX、Jメール、ハッピーメールがオススメだよ。
女の子は無料で利用ができるから、複数同時に利用した方がいいね。
パパによっても条件が違うから、より条件のいい人探しためにもそうしてみて」
とっても細かいアドバイスを受けて、私も出会い系サイトを使うことにしました。

テレビ番組でも紹介されたので、この関係がとても人気が高いようです。
ライバルたちがいるので、より条件の良い人を探すため全てのサイトに登録、食事だけの関係を理解してくれる男の人を探すことになりました。
それぞれのサイトの掲示板に書き込みを投稿、これだったらリア友に見られる心配もないので、安心感があったのです。
そして私のもとにメールをくれたのが、IT投資家の48歳の人でした。
エッチなしで食事を食べるだけ、会う毎に2万円を出すという条件で待ち合わせが決まりました。