フェイスブックを使って大失敗に終わってしまったパパ活ですが、それでも専門学校に通う夢は相変わらず持ち続けていたのです。
食事だけの関係でお小遣いをくれるパパは、どうしたもん探さなければいけませんでした。
友達に発覚しないで相手を探す方法はないものか?と考え続けてしまっていたのです。
ネットサーフィンをして情報を集めようと思って、いろいろと調査をはじめていきました。
すると、Twitterのアカウントでパパと食事をしている報告をしている同い年の女の子を発見することになりました。
彼女のタイムラインをしっかりと見ていくと、実にうまくパパとの関係を作っているのが分かったのです。
経験している女の子だったら、アドバイスしてもらえるかもしれないと考えて、本アカとは別に友達たちに発覚しないようにもうひとつアカウントを作って、そしてこの女の子をフォローしてダイレクトメールを送ることにしました。
すると返事をもらうことができて、やりとりをはじめていく事になりました。
「フェイスブックは大失敗だったね、やっぱり匿名性はもっと考えないとね」
「うん、今すごく落ち込んじゃってね、それでもどうしてもパパを探したくて」
「友達とかにばれないように、うまくやらないと危険だよ。
それとね、パパ探すんだったらパパ募集掲示板とか愛人募集掲示板も使っちゃダメだね」
「そうなの?」
「無料の掲示板はね、ほとんどがヤリ目だったりするよ。
冷やかしもいるし、詐欺師もいるから要注意だよ」
いろいろな研究をしていたようで、このような事にはとても詳しくアドバイスをしてくれたのです。

「どうやってセックスなしのパパを探したの?」
「安心して使える出会い系サイト、ここが一番だったよ」
出会い系サイトを利用して、パパが探せると言い出したのです。